WORLD NEWS

アメリカ

アライドテレシスのギガビットレイヤー3・スタッカブルスイッチ「x930シリーズ」がOpen Networking FoundationのOpenFlow®対応製品として認定

サンノゼ(米国カリフォルニア州) – 2018年1月23日 アライドテレシスは、最新機能を備えたギガビットレイヤー3・スタッカブルスイッチ「x930シリーズ」が、Open Networking Foundation(ONF)のOpenFlow V1.3に準拠する製品として認証を取得したことをお知らせいたします。これによりx930は、ONFが認定するOpenFlow対応製品として登録されることになりました。x930シリーズはSDNソリューションを展開、実現するネットワーク製品として最高水準であることが証明されました。

ONFのOpenFlow対応製品リストには、OpenFlowの仕様に完全に適合している製品がすべて表示されています。登録された製品は、ハードウェア/ソフトウェア仕様のいずれにも準拠しており、ONF認定試験ラボによる一連の厳しい審査に合格しています。

x930シリーズがONFのOpenFlow V1.3仕様適合試験に合格した事は、SDN、OpenFlowコントローラとの互換性を保証し、ユーザーへ高性能、且つ実用的なソリューションを提供するという、アライドテレシスのコミットメントの表れです。なお今回の発表に先立ち、2017年11月9日には、OSSのコントローラであるFaucetとの連携についても高い評価をいただいていることを公表しております。弊社では引き続きSDN、OpenFlowへの取り組みを進めてまいります。

本認定について、上級執行役員 マーケティング統括本部 統括本部長の佐藤誠一郎は、「ネットワーク製品、ソリューション、サービスを世界に提供する当社は、既存のお客様および将来のお客様が優れたSDNソリューションを開発・展開できるよう、SDNの国際標準化の推進を支援しています。私たちは引き続き、次世代のネットワーク技術の進化に重点的に取り組んでまいります。このたびの認定は、そのプロセスにおける重要なステップです」とコメントしています。

AlliedWarePlusを搭載し、Autonomous Management Framework(AMF)を特長とするxシリーズスイッチは、インテリジェントでありレジリエントであるセキュアな次世代ネットワークの構築を実現するとともに、管理を簡素化することで運用効率を向上し総所有コストを抑制できます。x930シリーズスイッチは24ポート/48ポートモデルのラインナップで、10/40ギガビット対応のアップリンクポート、さらには1スイッチ当たり160 Gbpsのスタッキング帯域が確保されたバーチャルシャーシスタッキング(VCStack)を搭載しています。

ONF認定適合製品リスト:
https://www.opennetworking.org/product-registry/